日 時11月28日(水) 12:45~13:30
11月29日(木) 15:15~16:00
11月30日(金) 10:15~11:00
会 場28日(水)・29日(木):Cゾーン  30日(金):Bゾーン
主催者東洋インキ株式会社
タイトル白内障対策 紙面製作のご提案
内 容白内障はさまざまな原因で水晶体が濁る病気で、症状として視界が霞んで見えます。原因の多くは加齢によるもので、一般に老人性白内障と呼ばれています。老人性白内障は自覚症状が無い場合が多く、早い人では40歳代から症状が出始め、50歳代での発症率45%、60歳代75%、80歳代ではほぼ100%と言われています。日本新聞協会のデータによりますと、新聞読者層の約70%が40歳代以上であり、新聞のコア読者は白内障と無縁ではありません。
東洋インキは色彩総合メーカーとして、「色」に対する高度な知見から、読者にやさしい紙面作りをご提案します。
開催形式自由聴講(事前申し込み不要)
※セミナーへご来場の際は名刺をご持参ください。
   競合社および同業他社の聴講は、ご遠慮願います。
問い合わせ先インキ営業本部 新聞インキ営業部
03-3272-0721
>>セミナー一覧ページへ


本サイトについてのお問い合わせは
 日本新聞製作懇話会(CONPT-JAPAN) JANPS2018運営事務局  Tel. 03-3503-3829  Mail webmaster@janps.jp