日 時7月22日(水) 14:45~15:30
会 場Aゾーン
主催者三菱製紙株式会社
タイトル「The Future of Newspaper IS Digital ~Digitalの切り札は印刷だ!」
内 容スピーカー:洋紙事業部 海外営業部 木村篤樹
新聞紙の未来はデジタルにかかっている。
しかし、そのデジタルの鍵を握るのは印刷である。
巷に溢れかえっている莫大の情報量。デジタル化が進めば進むほど更に情報量は増大していく。
一方“個人”が消費できる情報には限度がある。
では読者に高品位な情報を、長く残る情報を届けるにはどうしたらいいか。それは紙に印刷することである。
但し、それは現在の印刷物としての新聞紙でもなければ、そのコンテンツをデジタル化したものでもない。
デジタルコンテンツをどうやって印刷するかが鍵である。
同時に高品位なコンテンツに相応しい印刷物を読者に提供するには、相応しい「紙」も必要である。
デジタル印刷方式の主流はインクジェットになるのは間違いない。
そしてインクジェットの鍵を握るのは「紙」である。
本セミナーではインクジェット専用紙の重要性についても併せて解説する。
開催形式要事前申込 (当日空席があれば、予約なしでも聴講いただけます。)
申し込みはこちら(聴講登録画面)から。
問い合わせ先三菱製紙株式会社 イメージング事業部 印刷感材営業部 新聞グループ 中尾
TEL:03-5600-1595
>>セミナー一覧ページへ


本サイトについてのお問い合わせは
 日本新聞製作懇話会(CONPT-JAPAN) JANPS2015運営事務局  Tel. 03-3503-3829  Mail webmaster@janps.jp