株式会社モトヤ

〒542-0081  大阪市中央区南船場1-10-25
電話:06-6261-2413   URL:http://www.motoyafont.jp/

モトヤ書体の開発は、金属活字を製作するために始まり、そこで培った技術により活字書体の伝統的な良さを継承しています。
モトヤ書体は活字時代から文字の「読みやすさ」と「美しさ」を追求し、多くの新聞社様に採用されています。
●読みやすい・見やすい、ユニバーサルデザイン(UD)モトヤ新聞書体
●ラテ欄をスッキリ!! 新書体「UDモトヤアポロ2B」
●仮名デザインが選べる、新仮名対応フォント
●モトヤ新聞書体をご採用いただいている、新聞社様紙面の展示
●デジタルフォント作成、IKARUSシステム最新版「IKED」のデモ


ユニバーサルデザインフォント
『可読性+視認性+判読性』

近年は高齢者が読みやすい紙面作りのための大文字化に加え、年齢や性別、障がいの有無に関わらず、さまざまな人が利用しやすいように考慮されたユニバーサルデザイン(UD)への対応が求められています。
モトヤブースでは、大文字化対応や太さの調整で従来の新聞書体より可読性・視認性・判読性を高め、新聞のデジタル配信や公的な機関誌、または高齢者向けの新聞紙面作成に最適なUD対応の新聞明朝、新聞ゴシックを紹介します。

ラテ欄をスッキリ!! 新書体「UDアポロ2B」

明朝体のウロコなどを取り除いた清廉かつモダンなイメージのデザイン新書体「UDモトヤアポロ2B」を紹介。洗練されたフォルムが若者から高齢者まで幅広い世代に親しまれやすく、ラテ欄をはじめ、明るいスッキリした紙面作りを提案します。

外字作成用「IKARUSシステム」

文字の作成・追加・更新が可能で、あらゆる形式のフォントを生成することができる汎用的な外字作成用「IKARUSシステム」を紹介。今回、最新版「IKED」のデモも行います。

>>出展社一覧ページへ


本サイトについてのお問い合わせは
 日本新聞製作懇話会(CONPT-JAPAN) JANPS2018運営事務局  Tel. 03-3503-3829  Mail webmaster@janps.jp