東洋インキ株式会社

〒104-8378【郵便番号】  東京都中央区京橋2-7-19
担当: 経営本部企画部 プリンティング事業課
電話:03-3272-3382   URL:http://www.toyoink.jp/

東洋インキでは、「3つのシンカ(新化)(進化)(深化)」のコンセプトを通じ、新聞製作における課題を解決する提案を行います。


「新化」ゾーン

●新カラーマネジメントソリューション 「Chiarossier™(キャロシエ™)」
色彩総合メーカーとしての「色」に対する高度な知見から生まれた、全く新しいカラーマネジメントソリューションです。通常のプロセス4色印刷において、原画像を忠実に色再現するのみならず、原画像以上の鮮やかさを色変換技術で簡易に実現します。光源に恵まれない環境で撮影された低彩度の画像や、読者からの提供画像等も、色鮮やかで訴求性の高い画像へ瞬時にブラッシュアップします。

「進化」ゾーン

●新カラーユニバーサルデザインソリューション 「UDing™ディザ」
「使用できる色が制限される」「色の変更でイメージが変わってしまう」などの理由で普及が限定的であったカラーUD(ユニバーサルデザイン)。UDing®ディザは、そうした声に応える新しいカラーUD支援ツールです。「ディザリング処理」を応用し、色を変えずにカラーUDデザインを実現します。
●新聞用新型H液 「NEWSKING AQUA」(開発中)
印刷技術の発展とともに、H液も進化します。H液に求められるあるゆる性能を進化させた、新聞用新型H液「NEWSKING AQUA」を紹介します。

「深化」ゾーン

●高濃度新聞インキ 「ヴァンテアンエコー リオ®」
新聞製作現場で普及が進む高濃度インキ。さらに性能を深化させた新聞用カラー高濃度インキ「ヴァンテアンエコー® リオ」を紹介します。
●ドライダウン抑制黒色感向上墨インキ
さらに性能を深化させた黒色感を向上する墨インキを紹介します。
●紙面検査装置 「Toyoassistant®-FX2」
JANPS2012での発表から3年、累計30セット以上の実績を誇る紙面検査の業界標準「Toyoassistant®-FX2」。新聞の安定発行を実現することで新聞社の収益に貢献します。

>>出展社一覧ページへ


本サイトについてのお問い合わせは
 日本新聞製作懇話会(CONPT-JAPAN) JANPS2015運営事務局  Tel. 03-3503-3829  Mail webmaster@janps.jp